PICKUP!!LINEUP

クローズアップ


ミュージカル「エビータ」にコメントが届きました!

2018.04.20

「チーム・バチスタ」シリーズで有名なベストセラー作家・海堂尊さんよりコメントが届きました!

エビータは貧しい庶民から女優になり、大統夫人の座に上り詰めた。
だがそこは彼女のゴールではなく、出発点だった。
あこがれの社交界、そこに彼女の居場所はなく、
欺瞞に満ちた世界で、彼女はひとり、美しき反逆児として牙を剥く。
煌めくような毒舌で、上流階級からは蛇蝎の如く嫌われたが、
真心あふれる心遣いで庶民を魅了した。
持てる者には悪女、持たざる者には聖女。
ふたつの顔を持った彼女の人生は、あまりにも短かった。

 

海堂 尊(医師・作家)
1961年千葉県生まれ。
外科医、病理医を経て、現在は放射線医学総合研究所・放射線医学病院研究協力員。
2006年、「チーム・バチスタの栄光」で第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し作家デビュー。同シリーズは多数映像化され、累計1千万部を超える。2018年には『ブラックペアン1988』(講談社)がドラマ化、TBS日曜劇場で放映。また、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの生涯を描く「ポーラースター」シリーズを執筆中で、週刊文春にて「ポーラースター外伝フィデル!」を連載中。最新作は『玉村警部補の巡礼』(宝島社)、『死因不明社会2018』(講談社)



Copyright © TOKYU BUNKAMURA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.