PICKUP!!LINEUP

クローズアップ


ブロードウェイミュージカル 「ファインディング・ネバーランド」来日ツアーキャスト発表!

2017.03.15

不朽の名作『ピーターパン』が生まれるまでを描いたジョニー・デップ主演の映画『ネバーランド』を、米国で今最も注目を集める女性演出家の一人、ダイアン・パウルスの演出で舞台化。2015年にブロードウェイで開幕して以来、観る者を魅力し続けているミュージカル『ファインディング・ネバーランド』。今秋早くも初来日公演を果たす、この実話をベースにした感動作の主要キャストが決定した。

劇作家J・M・バリ役は、トニー賞最優秀演出賞ほかに輝いたダイアン・パウルス演出の『ピピン』にも出演し、パウルスから「歌も上手いし、バリにぴったりだと思ったの」と絶大な信頼を得ているビリー・ハーリガン・タイ。その高い歌唱力と、日本人受けしそうな爽やかで端正なルックスはもちろん、深く繊細な表現力も大きな魅力だ。

バリと公園で出会い、心を通わせていくシルヴィア役は、『ウィキッド』のエルファバや、『RENT』のモーリーンなど、パンチの効いた役柄を得意としてきたクリスティン・ドワイヤー。しきたりを重んじるヴィクトリア朝時代の英国上流社会にありながら、自由な心で4人の息子達に愛を注ぐ女性を、キュートに生き生きと演じる。

バリの雇い主であるプロデューサー役と、バリの〝心の声〟ともいえるフック船長役は、かつて鈴木忠志に師事し、2015年には『CHICAGO』来日公演でビリー・フリン役を務めた、ダンディな長身の紳士、トム・ヒューイット。シルヴィアの厳格な母モーリエ夫人役は、ブロードウェイのベテラン女優カレン・マーフィーが演じる。

ここにさらに、少年ピーターをはじめとする子役4人ほか、個性が光るキャストが参入。華と実力を兼ね備えた多彩かつ魅力的な布陣で織り上げる、家族愛や本当の自分を取り戻す勇気、そして想像することの素晴らしさに満ちた感動作に、乞うご期待!

 

ビリー・ハーリガン・タイ(Billy Harrigan Tighe J.M.バリ役
これまでの出演作品にはブロードウェイ/ウエストエンド公演:「ピピン」、「ブック・オブ・モルモン」、アメリカツアー公演:「ブック・オブ・モルモン」、「ウィキッド」、「ラ・カージュ・オ・フィール」、「ダーティー・ダンシング」。地域公演:「バック・ホーム・アゲイン」、「ヘアスプレー」、「ハッピー・デイズ」、「フットルース」。また、シンシナティPOPS、ロングビーチ、インディアナポリスデトロイト、ヒューストン、トロント、バンクーバーなどの交響楽団との共演(歌のソリストとして)などがある。

 クリスティン・ドワイヤー(Christine Dwyer シルヴィア・ルウェイン・デイヴィス役
これまでの出演作品にはブロードウェイ公演:「ウィキッド」エルファバ役、ニューヨーク公演/アメリカツアー/地域公演:「レント」モーリーン役、「マーダー・バラッド」サラ役、「Tinyard Hill」アイリーン役、「New Hopeville Comics」エイプリル役、「フーズ・トミー」トミー役、「Two Very Dangerous People」ジニー役がある。Lyons & Pakcharのデビューアルバム 「#LOVE(Live)」とベン・ローズベリーのソロデビューアルバム「The Fractured Years」の収録に参加し、どちらもiTunesで視聴可能。アメリカを代表してハノーファー・メッセに出演し、オバマ大統領(当時)、アンゲラ・メルケルの前で披露をしたこともある。

 トム・ヒューイット (Tom Hewitt) チャールズ・フローマン役/フック船長役
2015年12月、「CHICAGO」ビリー・フリン役@東急シアターオーブ、大阪梅田芸術劇場公演で来日。
これまでの出演作に、ブロードウェイ:「Amazing Grace」、「ドクトル・ジバゴ」、「ジーザス・クライスト=スーパースター」、「CHICAGO」、「DRACULA」、「ロッキー・ホラー・ショー」(トニー賞、ドラマデスク賞ノミネート)、「ライオンキング」、ツアー:「ユーリンタウン」、「ペテン師と詐欺師」、「ピーターパン」、オフブロードウェイ:「Another Medea」、「Treasure Island」、「Jeffery」、「Beau Jest」(アウター・クリティックス・サークル賞ノミネート)、地方劇場:「Irma Vep」、「スパマロット」、「Yoshimi Battles the Pink Robots」、「Travesties」、映像:「ロー&オーダー」、「オール・マイ・チルドレン」、「フールズ・ファイア」など。劇団SCOT (Suzuki Company of Toga)のメンバーとして日本、ヨーロッパ、アメリカ各地を公演して回った経験を持つ。

 カレン・マーフィー (Karen Murphy) デュ・モーリエ夫人役
ブロードウェイのベテラン女優。これまでのブロードウェイ出演作に「リトル・ナイト・ミュージック」「クリスマス・キャロル」、「9 to 5」、「オール・シューク・アップ」、「King David」、「タイタニック」、「42nd ストリート」、ニューヨークシティオペラ「Most Happy Fella」、オフ・ブロードウェイミュージカル「Zombie Prom」「マイ・ヴォードヴィル・マン」「Forbidden Broadway」「Hysterical Blindness.」。アメリカツアー公演:「レ・ミゼラブル」「ホワイト・クリスマス」「オズの魔法使い」「メリー・ポピンズ」。「Zombie Prom」「マイ・ヴォードヴィル・マン」の収録にも参加、自身初のソロアルバム「Torch Goddess」でCDデビューもしている。アメリカ国内、カナダのオーケストラとも共演。米国俳優協会のメンバー。

その他のキャストは決定次第発表致します。



Copyright © TOKYU BUNKAMURA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.