TOPICSトピックス

2017.08.18 UP

SDB通信 vol.1 ~キャスト紹介①~

いよいよコンサートまであと50日…緊張のカウントダウンが始まりました。 すでにニューヨークでは演出のマーク・スチュアートがリハーサルを開始。現在はプリプロダクションと呼ばれる構成作業を進めています。今はまだマークの頭の中だけに描かれている全体像…どのような姿を見せてくれるか楽しみです。

カウントダウンも開始ということで、改めてコンサートの出演者をご紹介いたします。まずは東急シアターオーブには二度目の登場となるこの人から!

数々の話題作に出演し、各国のミュージカルファンを魅了し続けているイギリス出身のアール・カーペンター
レ・ミゼラブル』のクールフェラック役でウエストエンド・デビューを果たしたのち、『美女と野獣』『イーストウィックの魔女たち』『サンセット大通り』『オペラ座の怪人』と言った名だたる大作の主役に次々と抜擢。長身のスタイルと確かな演技力で人気を博し、ウエストエンドを代表するミュージカルスターとして高い支持を得ています。2014年には『レ・ミゼラブル』のジャベール役でブロードウェイ・デビューも果たしました。
ロンドン、ニューヨーク、トロントなどで活躍するアールの初来日は2015年、演劇ファンの間では“神”とも称されるコルム・ウィルキンソンの日本スペシャルコンサートでシアターオーブに初登場!艶のある歌声を披露し、日本の多くのミュージカルファンの間でも話題となりました。
最近ではアジア諸国でも活躍の場を拡げているアールが、いよいよ2年ぶりに来日! 再び日本に戻ってくることを、とても楽しみにしてくれているアール。きっと今度のコンサートでは、新たな彼の一面が見られるはず…お見逃しなく!!

アール・カーペンター: Twitter Official Website