クローズアップ


宝塚歌劇 月組公演 ミュージカル「Death Takes a Holiday」
2023年6月上演決定!

2022.12.23

宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル

『Death Takes a Holiday』
Book by Thomas Meehan and Peter Stone
Music and Lyrics by Maury Yeston
Based on the dramatic play by Alberto Casella
and rewritten for the American stage by Walter Ferris
and originally produced by the Messrs. Shubert

潤色・演出/生田大和
主演/月城かなと、海乃美月

 『ファントム』『グランドホテル』『タイタニック』『ナイン』等の音楽を作曲したモーリー・イエストンが作詞・作曲を手掛けたミュージカル『Death Takes a Holiday』は、2011年にオフ・ブロードェイで初演され、2011年~12年ドラマディスクアワードの11部門にノミネート。映画「明日なき抱擁」「ジョー・ブラックをよろしく」など度々翻案・映画化されヒットを重ねたアルバート・カゼーラの戯曲を元に、死と愛の超克を歌い上げた名作に、モーリー・イエストンならではの美しい旋律が絡み合う珠玉のミュージカルです。

 1920年代前半、イタリア。猛スピードで走る一台の車が突如不思議な闇に包まれ、ランベルティ公爵の娘グラツィアが車外へと投げ出される。不思議なことに、彼女はかすり傷一つ負わなかったが、その瞬間、確かに何かが起こったことを感じていた…。
 その夜、ランベルティ公爵家へ死神が現れる。何世紀にも亘って人々の魂を集めてきた死神は、なぜ人間が生きることに執着するのか、愛とは何なのかを知りたいと考え、ロシアの公爵ニコライ・サーキの姿を借りて二日間の休日を過ごすこととしたのだった。彼の正体を知らない館の人々は、すぐさま妖しい美しさを秘めたサーキに魅了されるが、その瞳の奥に広がる闇を見た者は恐怖に慄いてしまう。しかし、グラツィアだけは、サーキの瞳の奥に永遠の幸せと愛を見出し、サーキの姿を借りた死神もまた、彼女の瞳に同じものを感じるのだった。互いに強く惹かれ合う二人だったが、死神の休暇はまもなく終わりを告げようとしていた。

【公演日程】
2023年6月12日(月)~6月28日(水)

【チケット料金】
SS席12,500円 S席9,500円 A席6,000円 B席3,000円(全席指定・税込)

【チケット一般発売】
2023年5月14日(日)

【お問合せ】
宝塚歌劇インフォメーションセンター 0570-00-5100

その他、詳細は後日発表いたします。



Copyright © TOKYU BUNKAMURA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.