©JOAN MARCUS

Creativeクリエイティブ

Whoopi Goldbergウーピー・ゴールドバーグ(オリジナルプロデューサー)
このショーには誰を誘ってもOK。あなたが嫌いな人だっていいの(笑)。 だってこれを観たら、皆、あなたを愛するようになるわよ! アカデミー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞のすべてを獲得した特別なアーティストの一人。日本では映画の印象が強いが、キャリアのスタートは舞台であった。舞台の主な出演作は「ザナドゥ」、「ローマで起こった奇妙な出来事」、「マ・レイニーズ・ブラック・ボトム」など。また彼女の思い出の地であるリセウム・シアターで行われた20周年記念公演「ウーピー」は、トニー賞にノミネートされた。プロデューサーとしても幾つかの舞台に関わっており、「モダン・ミリー」ではトニー賞を受賞。またロンドンを皮切りに、全世界で大ヒットを記録している「天使にラブ・ソングを・・・」のオリジナルプロデューサーも務めている。(ロンドン公演では期間限定で修道院長役として出演も果たした。)
これまでに50作以上の映画に出演。アメリカの人気トークショー番組「The View(ザ・ビュー)」の司会も務めるなど、マルチな才能を発揮している。
Jerry Zacksジェリー・ザックス(オリジナルブロードウェイ演出)
ジェリー・ザックスはニューヨークで35を超えるプロダクションを演出。手掛けた作品は、「天使にラブ・ソングを・・・」「アダムス・ファミリー」「ガイズ・アンド・ドールズ」「私に近い6人の他人」「レンド・ミー・ア・テナー」「ハウス・オブ・ブルー・リーヴス」「フロント・ページ」「ローマで起こった奇妙な出来事」「スモーキー・ジョーズ・カフェ」「エニシング・ゴーズ」「ラ・カージュ・オ・フォール」「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「晩餐に来た男」「ザ・フォーリナー」「ブロンクス物語」「ラフター・オン・ザ・トウェンティサード・フロア」「シスター・メアリー・イグナチウス」「ニューヨーカーの青い鳥」「ベイビー・ウィズ・ザ・バス・ウォーター」「マリアージュ・オブ・ベット&ブー」など。トニー賞に7回ノミネートされ、うち3回は最優秀賞を受賞している。2013年には「シアターの殿堂」入りを果たしている。
Alan Menkenアラン・メンケン(音楽)
アラン・メンケンはアカデミー賞を8回、グラミー賞を11回、そしてトニー賞を1回受賞している。主な作品は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「アラジン」「クリスマス・キャロル」「ニュージーズ」「ポカホンタス」「ノートルダムの鐘」「ヘラクレス」「魔法にかけられて」「塔の上のラプンツェル」「天使にラブ・ソングを・・・」「奇跡を呼ぶ男」「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを(改作)」「キング・ダビデ」、「ダディー・クラヴィッツの徒弟時代」など。また1969年に設立された「ソングライターの殿堂」から賞を授与されているほか、ニューヨーク大学及びノース・カロライナ芸術大学の博士号を得ている。