公演ラインナップ

  • 公演ラインナップに戻る

ページを印刷

ミュージカル20世紀号に乗って 

[2024/3/12(火)~3/31(日)]

ブロードウェイ・ミュージカルの金字塔ともいえる名作が上演決定!

原作は、1932年にチャールズ・ブルース・ミルホランドが書き下ろした戯曲で、1934年にはアメリカで映画化されました。さらに原作と映画をもとに1978年にはベティ・カムデン、アドルフ・グリーンによる脚本、サイ・コールマンによる音楽で、ブロードウェイでミュージカル化。トニー賞5部門を制覇しました。その後、初演以来40年ぶりに2015年にリバイバル上演され、トニー賞のリバイバル作品賞にノミネートされるなど、ブロードウェイ・ミュージカルの金字塔ともいえる名作です。日本では1990年に初演、2019年には宝塚歌劇団でも上演された作品で、この度5年ぶりの日本での上演となります!

公式サイトはこちら

概要

公演日程

2024/3/12(火)~3/31(日)

2024年 3/12
(火)
13
(水)
14
(木)
15
(金)
16
(土)
17
(日)

18
(月)

19
(火)

20
(水)
21
(木)
22
(金)
23
(土)
24
(日)
12:00          



       
13:00          
17:00                  
18:00              

 

 2024年

3/25
(月)

26
(火)
27
(水)
28
(木)
29
(金)
30
(土)
31
(日)
 12:00  

     
 13:00          
 17:00          
 18:00      

スタッフ

脚本・作詞:アドルフ・グリーン、ベティ・カムデン
作曲:サイ・コールマン
原作:ベン・へクト、チャールズ・マッカーサー、ブルース・ミルホランド
演出・振付:クリス・ベイリー
演出補・共同振付:ベス・クランドール

出演

増田貴久、珠城りょう、小野田龍之介、上川一哉、渡辺大輔、戸田恵子

可知寛子、斎藤准一郎、武藤寛、横沢健司

植村理乃、小島亜莉沙、坂元宏旬、咲良、篠本りの、田川景一、田口恵那、東間一貴、長澤仙明、MAOTO、増山航平、吉田萌美、米島史子、玲実くれあ

STORY

舞台は世界恐慌を脱出した1930年代初頭のアメリカ。ブロードウェイの劇場街にも再びネオンが灯り、人々が自信と活力を取り戻し始めている。
舞台演出家兼プロデューサーのオスカー・ジャフィ。派手好きで非情、そして誇大忘想気味の彼は、かつてはやり手のブロードウェイの花形プロデューサーだった。しかし現在は、多額の借金を抱え、シカゴの荒れた小さな劇場で芝居を打っていた。
オスカーは、マネージャーのオリバー・ウェッブと宣伝担当のオーエン・オマリーという腹心と共に、世界一と謳われる豪華客室を備えた高級列車「特急20世紀号」に乗り込み、オスカーの元恋人であり、現在はハリウッドの大女優リリー・ガーランドに偶然を装い会う計画を立てる。
過去に主催したオーディション会場で、リリーの才能を見抜いたオスカーは彼女を口説き、そして大女優に育て上げることに成功した。彼らは数年間、恋人として甘い生活を送ったが、オスカーの独占欲と嫉妬に耐え切れなくなったリリーは映画界に転身。その彼女を再び自分が手掛ける舞台に立たせることが、今のオスカーの目論みだった。
数年ぶりに彼の前に姿を現したリリーは新しい恋人、若き映画俳優のブルース・グラニットを伴っていた。しかし、リリーは、そんな彼に満たされていた訳ではなかった。仕事の面でも映画に飽き、舞台に戻ることを考えていて、ブロードウェイからの誘いに乗るため列車でニューヨークに行く途中である。
オスカーは彼女を執拗に口説いたがリリーは首を縦には振らず、またしても窮地に立たされたが、そこへ天から降って湧いた話が持ち上がった。何と彼の芝居のスポンサーになろうという人間が現れたのだ。レティシア・プリムローズ。製薬会社の会長である。スポンサーを手に入れようやく、オスカーとリリーの新たな旅が始まるかに見えたのだが……。

会場

東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)

[主催]
東京グローブ座/フジテレビジョン/シーエイティプロデュース

[製作]
東京グローブ座/フジテレビジョン/シーエイティプロデュース

チケット情報

料金

S席 15,000円 A席10,000円(全席指定・税込)

※未就学児入場不可
※営利目的の転売禁止
※出演者変更に伴う払戻し不可
※車いす席をご利用のお客様はS席のチケットをご購入の上、事前にチケットぴあサポートセンター 017-718-8161(10:00~18:00) にご連絡ください。
※公演中止など、主催者がやむを得ないと判断する場合以外の払い戻しはいたしません。

MY Bunkamura先行発売

※MY Bunkamuraでの取り扱いはございません。

(無料/登録制)

一般発売

2024/2/3(土)

※一般発売初日<2/3>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話03-3477-9912のみでの受付。
※座席をお選びいただくことができません。お座席番号は発券時にご確認ください。
※店頭販売及びMY Bunkamura(オンライン)での取り扱いはございません。

枚数制限

1回の受付につき2枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamura チケットセンターでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター<10:00~17:00>
03-3477-9912<発売初日(2/3)特別電話>
03-3477-9999<2/4(日)以降残席がある場合>

お問合せ

チケットぴあサポートセンター 017-718-8161(10:00~18:00) ※2023年12月27日~2024年1月3日休業



Copyright © TOKYU BUNKAMURA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.