公演ラインナップに戻る

公演オフィシャルサイトはこちら
公式facebookページ

ブロードウェイ・ミュージカル ブリング・イット・オン

2014/7/9(水)~7/27(日)

全米屈指のチアリーディング×本場ブロードウェイ ブロードウェイ・ミュージカル ブリング・イット・オン

本場チアリーディングの国、アメリカで活躍する精鋭チアダンサーと、ブロードウェイのトップクリエー達が手を組んだ新しいミュージカルが誕生。この夏「ブリング・イット・オン」が渋谷の夏を熱くする!!

本場アメリカで最も人気の高い女子スポーツとも言われる"チアリーディング"に青春をかける高校生の恋と挑戦を描いた物語。
ブロードウェイ開幕にあたり、脚本、作曲、編曲、演出振り付けを全てトニー賞受賞経験者が担当したことでも話題になりました。
ステージパフォーマーたちは全米のミュージカル界でしのぎを削る精鋭に加え、全米でトップクラスのチアリーディング選手がキャストとして参加。
ステージ狭しと作り上げる巨大な人間ピラミッド、 躍動感に溢れるダンス、ジャンプ、体操選手レベルのチアのアクロバットはこの作品でしか見ることの出来ない難易度の高さです。

ストーリー

主人公はスポーツの名門高校、"トルーマン校"に通い、チアリーディング競技に青春をかけるキャンベル。
チームの主力メンバーとして全米チアーリーディング選手権連覇を目指す彼女は、ある日突然これまで通っていたトルーマン校から別学区の高校へ編入することになってしまう。
新たに通うことになったジャクソン高校には、チアーリーディング部がないため、キャンベルはジャクソン校の人気者でヒップホップダンスグループのリーダーであるダニエルとタッグを組んで、チアーリーディング部を設立。
新米チームが一丸となって全国大会を目指し、いよいよ決勝に進出!
常勝チーム"トルーマン校"と新進気鋭の"ジャクソン校"。
どちらがアメリカNO.1の座を勝ち取るのか?

見終わった後に、大きな挑戦がしたくなる作品です。

ブロードウェイ界の精鋭クリエーター

過去にトニー賞、グラミー賞、ピューリッツアー賞を受賞したアメリカのエンタテイメント界を代表するクリエーターが参加しています。

【脚本】 ジェフ・ウィッティ(トニー賞)
【作曲】 リン・マニュエル・ミランダ(トニー賞)
     トム・キット(ピュリッツアー賞・トニー賞)
【作詞】 リン・マニュエル・ミランダ(トニー賞)
     アマンダ・グリーン
【音楽スーパーバイザー】 アレックス・ラカモイア(トニー賞・グラミー賞)
【演出・振付】 アンディ・ブランケンビューラー(トニー賞)

バックステージツアー実施レポート!

Bunkamuraオンラインサービス【My Bunkamura】に登録されている方で抽選に当選された方を対象に、「ブリング・イット・オン」バックステージツアーを実施しました。
普段なかなか見られない舞台裏や、舞台セットなどを来日スタッフの説明を交えながら見学していただきました。

(2014.07.20)

詳細はこちら


Copyright © TOKYU BUNKAMURA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.